転職

第二新卒・未経験でも経理職や総務職に就く方法~③転職サイト編

さて、2回に渡りご紹介してきた、第二新卒・未経験でも経理や総務職に就方法ですが、今回で最終回です。今回は、転職サイトの選定の仕方です。

第二新卒や未経験の方は、新卒やキャリアアップのための転職とは少し色合いが異なります。

近年は、売り手市場の状態が続いている状況から、人材紹介のサイトも活況です。CMや街頭広告でも目にしない日はありません。数多ある転職サイトの中から、自分に合うサイトを見つけ出すのは骨が折れますよね。

結局どのサイトを選んでも一緒でしょ?
とりあえず有名なサイトを登録すればいいんでしょ?

とお思いのあなたに、このページを少しだけ読んでいただきたいと思っています。

エージェントサイトを登録するのが本当に良いのか

 

はっきり言って、一長一短だと思います。

 

「自己応募型」と「エージェント型」のメリット・デメリット

自己応募型とエージェント方には、それぞれメリット・デメリットがあります。

自己応募型

メリット
・好きな企業に応募できる
・自分のタイミングで応募できる

デメリット
・自分の市場価値が分かりづらい
・企業選定に時間がかかる
・公開求人のみの掲載

 

エージェント型

メリット
自分の市場価値がわかる
1対1で対応してくれる
企業選定しやすい

デメリット
担当エージェントが1人

 

どれもパッと見で理解できるようなものですが、個人的にはエージェント型のデメリットに目を瞑りがちな気がします。

マンツーマンで転職活動を支援してくれるのはとてもありがたいことです。自分の市場価値はどのくらいで、どのような業種、職種に適性があるかを客観視してもらえます。更には、そのエージェントの紹介経験なども参考に出来るため、ひとりで転職活動をしている感じはあまりしません。個人的には、自己応募型よりもエージェント型の方が利用しやすいように感じます。

しかし、相対するエージェントは、その人材会社につき1人です。どうしてもそのエージェントの特性に左右されます。紹介してもらう求人にも、エージェントによって多少ばらつきがあるでしょう。

もし担当エージェントと合わないと感じてしまった場合は、エージェントのフィルターを通して企業に応募することに抵抗を感じてしまいます。

 

エージェントをうまく利用するコツ

 

上記のリスクをなるべく小さくするには、いくつかの会社をエージェントを登録することと、自己応募型の求人サイトにも登録してみることだと思います。

いくつかのエージェントを登録すると、会社は違えど何人かのフィルターがかかることによって、自分の正しい価値がわかるようになります。その後、よりお世話になりたいエージェントに絞ることを考えても良いでしょう。

加えて、同時並行で自己応募型の求人サイトにも登録してみると良いと思います。絶対に自己応募型から応募しなければならないわけではありません。エージェント型を中心に転職活動を進めたい場合でも、自己応募型で得た情報などを共有して、エージェントと意見交換をすることができます。

どちらを中心にするにせよ、両方有効活用しない手は無いと思います!

 

自分の中に判断材料を持つこと

自分が納得のいく転職サイトを選定するには、「自分の中に判断材料を持つこと」が重要だと私は思います。特にエージェント型を利用する場合、以下のポイントを抑えておくと良いでしょう。

  1. 「掲載企業数が多い=信頼できる」とは限らない
  2. 知名度が高い=求人が集まりやすい?
  3. 関わるのは1人の「人間」

 

①「掲載企業数が多い=信頼できる」とは限らない

掲載数の多い企業が多ければ多いほど、そのサイトに魅力を感じやすいとは思います。なぜなら、自分に合った企業がそこに掲載されている確率が高いと感じるからです。

しかし、本当にそうでしょうか。

例えば、10種類の職種を扱った求人サイトが1,000件の求人情報を抱えている場合、単純計算で職種1種類当たり100件の求人があります。一方、2種類の職種に特化した求人サイトが500件の求人情報を抱えている場合は、1種類当たり250件の求人があります。

もしあなたが合うと感じている職種が1つあり、上記のどちらの求人サイトにも扱いがある場合、どちらがよりあなたに合うと思われる求人サイトでしょうか。答えは言うまでもありませんね。

また、経験別・スキル別に特化した求人サイトもあります。掲載企業が多ければ多いほど良いという考えは、見直した方が良いと私は思います。

 

②知名度が高い=求人が集まりやすい?

知名度の高い求人サイトには、優良企業が集まりやすいでしょうか。答えは、YESだと思います。転職希望者は、まず有名な求人サイトに登録するからです。求人を出したい企業側からすると、より人が見てくれるサイトに掲載をお願いしますよね。しかし、知名度がそこまで無い求人サイトも、優良企業は集まっている可能性は十分にあります。

例えば、レストランを考えてみてください。

知名度の高いレストランは、美味しい料理を提供してくれるでしょうか。答えはYESでしょう。実力のある料理人がいたり、利益が出る仕組みを確立していたり、衛生管理がしっかりしていたりすることで、そのレストランは持続性があり、規模も大きくなり、知名度が上がるということが考えられます。

一方、知名度の低いレストランはどうでしょう。知名度が低いからといって、料理は美味しくないでしょうか。そんなことは無いですよね。規模が小さくても、路地裏の奥の奥にあっても、料理は天下一品だったりしますよね。

求人サイトも、同じです。規模が比較的小さく、知名度がなくても、それは求人の質を保つために「あえてしていること」かもしれません。特に近年は、人材会社が増えてきているので、差別化を図るためにそうしているパターンも多く見受けられます。

③関わるのは1人の「人間」

結局、どのエージェントを登録しても、関わるのは1人の人間です。相手はプロですから、その人には包み隠さず正直な気持ちを伝えることが最も重要です。人間同士ですので、合う合わないがあるのは仕方ありません。そこを割り切るのか、合う人を探すのかはあなた次第です。

注意すべきは、相手は御用聞きではありませんので、一方的に希望を押し切るのは、得策ではないと思います。2人で頭を突き合わせて最適解を見つけようとする姿勢が、良い転職活動への第一歩だと私は思います。

 

エージェント型に登録するにはどの会社が良いか

 

さて、ここまで非常に長くなりましたが、実際にどのエージェントを登録するのが良いか、私の経験をもとにご紹介したいと思います!

紹介…するまでもないもの

  • リクナビ
  • マイナビ
  • パソナ
  • type

etc…

これのサイトは紹介するまでもなく、知名度があるところですね。正直大差は無いと思いますので、ある程度直感でここから1,2社登録するとよいと思います。

個人的には、ここから2社選んでのちのち1社に絞り込み(合わないと感じたら撤退もよし)、更に希望職種や第二新卒・未経験に特化したエージェントも数社選ぶのが良いと思います。比較対象としてのエージェント枠を設けることで、自分が納得して転職活動を進められると思います!

①ネオキャリア



第二新卒エージェントneo by ネオキャリア

こちらは、私の勤める会社で一時期関わりのあったところです。社員は若い人たちが多い印象で、活気がある会社でした!転職支援の他にも、企業側の採用支援、勤怠管理や労務管理などの支援など幅を広げ、勢いがある印象です。

通常の転職エージェントの他に、第二新卒エージェント理系エージェントなどの種類があり、ご自分に合ったところからエージェントを登録することが出来ます。ここのエージェントにお世話になったことはありませんが、元々求人会社としてスタートし、成長を続けている面白いところですので、利用してみるのもよいかと思います。

②ブラッシュアップジャパン




自分に合った「20代の転職」焦らずじっくり見つけよう。「20代の転職相談所」

こちらは、私が実際に利用したエージェント会社です。第二新卒や未経験の方に特化したところで、非常に親身に対応してくれました。

特筆すべきは、優良な中小企業のみを紹介していることです。ここは、内定がゴールではなく、その後の定着率を上げることを重要視しているそうです。そのため、求人数は他の会社より見劣りするかもしれませんが、求人の質は確保されていると言っていいと思います。

実際に、私はここで紹介を受けた会社を応募、内定をもらい、現在に至るまでそこで働いています。

まとめ

今回は、3回に分けて第二新卒・未経験でも経理・総務職に就く方法をご紹介しました。第二新卒や未経験で就職・転職する人は、通常転職する人に比べて不安な点が多く、自身が無い場合が多いと思います。しかし、新卒の3割は3年以内に退職するということを考えると、絶対数は多いです。自分だけ、と思う必要はありません。

周りの力を借りながら自分を見つめ直し、キャリアを少しずつ積み上げる意思を持っていれば、いずれ納得のいく社会人生活を送れると思います(私自身にも言い聞かせています(笑))。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!