化粧水

20代前半にして不整脈を発症し、その後4年闘った話

はじめに

私、不整脈があります。

不整脈とは読んで字のごとく脈が整っていないこと。不整脈にも種類があり、私の不整脈は、生活に支障は無い「期外収縮」と呼ばれるものです。脈が少し強めに出た次の脈は一回休み、というパターン。実は、ほぼ全員この期外収縮が無自覚ながら発生しているそうな。私の場合強く出ているのか、期外収縮が起きると脈が強めにでるので胸に違和感があります。

現在の発症頻度は1週間に1回か2回。「回」としていますが、一度発症すると、半日治らなかったり、寝るまで発症し続けたりします。かと思うと、びみょ〜に不整脈がでてそのまま収束したりもします。それも全てひっくるめて、自覚した段階で1回、としています。

今回は、2015年の冬、20代前半にして発症した不整脈と闘い、現在なぜ少し落ち着いたのかを、述べたいと思います。少し長いかもしれませんので、目次を参考に気になる箇所だけお読みいただいても構いません。

そして、特に深刻な問題ではありませんのでどうぞ気軽に読んでください。

不整脈の発症原理を軽く

不整脈というと心臓の病気かと思われがちですが、鼓動は脳の電気信号によるものですので、正しくは脳の電気信号の異常、ということになります。

この信号のバランスは交感神経・副交感神経の乱れによって異常をきたしてしまいます。神経系の乱れは、ストレスによって発生します。

 

つまり、ストレスが不整脈を起こしていること。

ここまでは不整脈が発症してすぐにつきとめました。

 

ここから、私のストレス軽減計画が始まります。

 

ピーク時は3秒に1回不整脈を自覚

ピーク時は本当にずーっと違和感。心臓に違和感があるのでとにかく不安。この不安がまた不整脈を助長させるという悪循環に陥っていました。

もともとストレスが体に出やすいのか、就活時には動けなくなるほどの胃の痛み(胃カメラをしてびらん性胃炎が発覚。)に見舞われたこともあります。あー、ストレスに弱いおれやだーなんて言っているうち、そのストレスは仕事が起因していることがわかり、いずれ仕事を変えることになりました。これが、約3年前。

 

収束、そして再発

転職をしてほどなく不整脈はおさまりました。やっぱり前の仕事が合わなかったんだと、安堵安堵。気がつけば以前に不整脈が出ていたことも忘れていました。

 

しかし。

 

仕事にストレスはつきものですよね。ストレスの無い仕事なんてない。皆さん何かしらのストレスを抱えて仕事をしているはず。

 

再発しました。

 

うーんおかしい、前職よりはストレスの度合いもまるで小さくなっている。なのに出た。なんでだ。思いの外ストレスを抱えているのか。それともこの程度のストレスで発症するほどやわになってしまったのか。

 

こんな感じでうにうに考えつつ、ここで初めて病院に行きます。

 

24時間ホルター心電図

その場で心電図をとり、多分期外収縮という診断。不整脈が出ている人の検査として、「24時間ホルター心電図」があり、それを受けました。

小型心電図を24時間つけました。上半身をコードが巡っていて、星飛雄馬の気分。

結果、やはり期外収縮でした。通常の生活をしていて差し支えないが、ストレスをなるべく避ける生活をすること、不整脈時の飲酒はなるべく避けること、とのことでした。

 

……いや、ホルター心電図のイラストあるんかい!!いらすとやすごい、、笑

ストレス退避

ストレスを避けるって言ったってねえ、、と思いつつ、当時は以下のことを実践。

・仕事のストレス…残業抑制、ストレスマネジメント
・睡眠時間…6時間以上を確保
・入浴…シャワーは交感神経優位になって良くないので、入浴で副交感神経優位に
・カフェイン…多量は避ける

 

本当はこれ以外に運動もしたかったのですが…なかなか億劫でたま〜〜〜にバッティングセンターに行くくらいでした、笑

 

実践の結果

上記のことを試した結果、、、

 

そんなに変わりませんでした。泣

 

ちなみにストレスって

これは1ヶ月ほど前に気がついたことですが、交感神経優位になると不整脈が出る、ということは、気分が高揚することも不整脈の原因ということです。

不整脈が出るといつも「ネガティブになってるぞおい!ストレス感じてるぞ!やわになるな!」と思っていたのですが、その限りではないということに気がついて、少し気分が楽になりました。気分が高揚する出来事もたくさんありましたから。

 

そして、2018年夏

このあたりから、私の不整脈に対するアプローチが一気に変わります。まず、これ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】救心製薬 救心 60粒
価格:3470円(税込、送料別) (2018/12/27時点)

 

いやいやいや、自分がこれにお世話になるなんてね!

あのCMでもお馴染みのこちらね。高いんです。でも不整脈が治るなら、と、2ヶ月くらい続けましたかね。

一定の効果はありました。飲み始めて数週間で、不整脈の頻度が減りましたよ。やはり昔から売られているだけありますね。

なんていうか、若くしてこれ飲んじゃってるおれ、かっこいい〜!みたいな不健康自慢?は、ありませんでしたけど(笑)

 

入れ物が可愛かったです。(笑)

 

しかし、完治するには至らず。やはりまだ発症する日があり、高価なのも手伝って、数ヶ月で断念しました。

 

呼吸

腹式呼吸がいいというのはうっすら聞いていました。が、実際なんでいいのかは分からず、ほとんど意識していませんでした。

しかし、どこかのサイトで、このように書かれています。

えらいひと
えらいひと
吸う時は交感神経優位、吐く時は副交感神経優位。

 

この言葉にピンときます。

 

吸う時は鼓動が早く、吐く時は鼓動がゆっくりになることは、10代の頃から気がついていました。

 

そうか、吐くことに重きをおけば良いのか。。

 

たしかに、スキューバダイビングをした時は、息を吸うことよりも吐くことを意識することで、難なく泳げたな…

長座体前屈も、体を伸ばす時に息を吐くことで、筋肉が弛緩してよく伸びるのか…。

 

息を吐くって、万能だ。

 

これが、やはり結構効きました。

気づいた時には深呼吸。もともと、私は呼吸が浅くなりがちでした。パソコンを使っている時、なにかを書いている時、電車に乗っている時。気がついたら息が止まっていることもありました。

 

深呼吸によって、救心と同じかそれ以上の効果が得られました。すごいぞ、からだ。

 

おいおい結局…外因性!?

そして、これですよ。

 

本当に頻繁に不整脈のことを調べていた私は、ある時、背中のツボを押すと良いというページを見つけました。

たしか、どこかの整体の体験談。

 

東洋医学…?たしかに救心も漢方だから東洋医学だけれども。不整脈は心因性じゃないんかーい!

 

と思って、そこのツボを押します。

 

 

ん~。

 

 

微妙。しかし、なんともいえない感覚です。胸のあたりに効いているような効いていないような。

 

結局、不整脈が発症したときに背中のツボを押しても、ほとんど効果は得られず。

 

 

騙されたか…?

 

と思いきや、いろいろな整体のサイトをみると、やはり出る出る背中のツボ。鍼が効くということも載せられていました。

 

 

は、だと……??

 

 

もう私は、鍼への興味しかありませんでした。(笑)

 

不整脈に限らず鍼はとっても効くという情報は昔からありました。というか、小学生時代、清原が頭中に鍼を打っていた映像を観て、「野球選手がするくらいイイんだ!」という思い込みがありました。

 

徒歩6~7分、最寄りの整体へ。

 

 

自律神経菅

「背中の凝りがすごいですね。背中に自律神経菅という管があって、背中の凝りでそこが刺激されて自律神経の乱れに繋がります。

 

き、きた。

 

 

これだ…。

 

 

藁をもすがる思いで駆け込んだ整体。ここがゴールかも、と思った瞬間でした。

 

 

整体に通って1ヶ月現在

整体に通い始めて約1ヶ月の現在。

初週~2週間目までは鍼を背中中心に打ち、その後は温めてマッサージという状況です。

背中の凝りは自覚症状がないんですが、整体師曰く、初診よりだいぶよくなってきたとのこと。同時に首肩の凝りもやってもらってるので、そこの凝りが初診に比べて半減している自覚があることを鑑みると、背中もそのくらいよくなっているのかなあという感じです。

 

肝心の不整脈はというと。。

 

完治、とまではいきませんね。寛解の手前くらいでしょうか?

ピーク時が10だとすると、2くらいまでは治っている感覚はここ1~2週間であります。

今までにない、かなりの進歩です。

 

あ、ちなみに、首肩背中の凝りは、問診の結果「オーバーユース」と診断されたので、マッサージは保険適用内、実質15~20分で600円です!鍼治療は保険適用外で10本で1,600円ちょいちょい。マッサージ中心でいきたいと思います。

 

結局なにが効いたのか?

今まで色々同時並行で試してきたので、これが効果覿面です!とまではいえませんが、私の場合こんな感じ。

 

整体(背中鍼治療)>>呼吸>救心

一応、睡眠時間を最低6時間とることと、入浴で湯船に浸かるのはデフォルトで。ご参考まで。

どれも対症療法でしかない

私の場合、不整脈が現れるようになった原因はストレスもありますが、デスクワークをするようになったからということも考えられます。つまり、慢性的な運動不足が背中の凝りにつながり、不整脈に至ったというセンです。

鍼治療も呼吸も救心も、対症療法でしかありません。運動不足を解消しなかったり体に負担のかかる姿勢をとったりするのでは、ストレスと重なってまた不整脈が発症してしまいます。

継続的に不整脈をなくすには運動不足の解消が必要だという結論に至りました。いやはや、ここまでくるのに何年かかったか、、、笑

 

おわりに

背中の凝りはだいぶ良くなってきたとはいえ、まだ残っているので、頻度は減らしつつもまだ整体には行こうと思います。

その分、運動をしたいですね。下記を満たす運動を募集中!笑

 

①首肩背中を使う
②お金があまりかからない
③めんどくさくない
④対人じゃない(集まるのに労力がいるので)

 

やりたいのはキャッチボールですが笑、近くに激安バッティングセンターがあるので行こう、かなあ。

あー、あと水泳も効きそうですよね〜!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!