今日のワッキー

じだいを変えるのは、50代。

時差通勤。同一労働同一賃金。副業解禁。
目覚ましく変わっていく時代に、私たち20代は驚き、流され、踊らされている。

いや、30代もそうか。40代もそう。みんな、時代に必死についていく。というか、意識しなくてもついていかざるを得ない。

じゃあ、50代はどうだろう。50代も他の年代と同じように、あたふたしているようにも見える。
彼らもたぶん、国の方針に従わされているんだろう。
だけど、会社の中での役割がまるで違う。50代は、会社を統率しているひとたちだ。
会社が変わっていく様子をみている経営者は要らない。彼らの手で変えていかなければならないと思う。

「20代は、考え方がまるで違う」と、30代以降は口々に言う。そりゃあ、そうだよ。
「だから、自然と世の中は変わる」とも言っている。それはちがう。
変化は急には起きない。30代が主力のサッカーチームだって、急に20代前半の選手に総入れ替えをするわけではない。
適当なポジションから、じわりじわりと、その世代交代の波が起きる。
世の中だって一緒だ。グラデーションのように少しずつ変わっていかなければならない。

だから、今の50代は、下の世代に任せるんじゃなくて、変化の波を起こさなければならないと思う。
理解ある50代だって、たくさんいるはずだ。

団塊の世代から指導を受けてきた50代。前ならえが美徳、我慢が成功のカギと教えられて来たはずだが、心では謀反している人もいるだろう。そのようなひとが今の時代偉くなっていたら、もうけもん。
どの世代の心情も理解できるよき理解者として耳を傾け、変化をもたらしてくれると思う。

そしてそのお尻をたたくのは、我々20代だ。