今日のワッキー

今日は猫の日

2/22の今日は猫の日らしい。語呂から想像できるだろうし、テレビでも取り上げられる機会が増えたから知っている人も多いんじゃないかな。「にゃんにゃんにゃん」で222。単純な考え方だけど、この日が制定されて30年以上経ってるらしいね。意外と昔からある。

世界に目を向けてみると、世界猫の日というのがある。8/8らしい。日本の猫の日が「にゃんにゃんにゃん」の語呂で決めたという例にならい、世界でも「にゃんにゃんにゃん」の「ゃ」の字、つまり8を並べたというから驚きだ。嘘ですけどね。

ところで、猫は見れば見る程不思議な生き物である。触って欲しい時と触ってほしくないタイミングが彼らにはあるように見えるし、かと思いきや抱っこすれば一応おとなしく抱っこされてみたりする。それもタイミングが合えば、持ち上げた時に水溶き片栗粉のように地面に溶けていこうとする姿が見られる。あの軟体にも驚きだし、まさに下に下に溶けていこうとするあの様はかわいいとも言えるし少し不気味ともいえる。

今日もウチのむぎちゃんは、朝いつものようにおはようと寄ってきた。朝はあまり時間が無い方なのでほとんどかまってやれないが、それでも抱きかかえて僕の脇腹に頭を突っ込みながらお腹をふみふみさせた。毎日の習慣である。その瞬間は時間がゆっくり流れるし、それがないとむぎ自身も落ち着かないらしい。
今日はその時間が少し短かった。ちょっと物足りなかったらしいね。僕が顔を洗っている最中に洗面台ににゃあと言いながら上ってきて、顔を洗う腕と腕の間に入ってきた。割とツンツンしているウチの毛むくじゃらだが、こういう甘えもちゃんとしてきてあざとい。結局僕は、泡を顔にたっぷり残したままむぎを抱きかかえてしゃがみ込み、そのまま4,5分ふみふみさせた。

ふみふみしているときの猫は何を考えているんだろうと思うけれど、幼い頃の習慣なので無我夢中でふがふがやっているだけなんだろうなあと思っている。むぎがもっと小さかったときは、僕の首をふみふみして、僕の顔に鼻を押し当ててきていたので、もっと謎めいていた。寝ているときにそれをしにくるので、人間の首を絞めに来た子猫の画は、面白い。鼻はなんか濡れてるので、犬に顔を舐められている感覚に似ていると思う。

お留守番させているのはとてもごめんなさいだけど、今日も人間の考えを他所に、羽根を伸ばして日向ぼっこしていてほしい。