今日のワッキー

買い込んだ食材も減る

久しぶりに、土日らしい土日を過ごしたような気がしている。月曜日になっても未だに土曜日の午後のまどろみを引きずっているような感覚だからだろうか。それとも単純に、春めいて朝方も10℃くらいはあるからだろうか。

土曜の午前中は久しぶりにバンドの練習があった。「毎回曲を思い出す回だな」なんて言いながらも、今回はちゃんと6月に張られたゴールテープがあるので、そこまで4人で走っていく必要がある。既にやる曲は決まっているので、その練習をなんかいかした。難しい曲が何曲かあるので、次回は今日の感覚を越えなければならない。その後、大学の近くにもあったカレーの店に行ったり、そのあと小一時間新宿の西口あたりで飲んだりした。僕はむっつりなので、その時にメンバーがしていたバンドとかの話を聞き流していたかと思いきや、あとでちゃんとYoutubeで観た。マスロックもネオソウルもかっこよかった。なんだかなにかに触発されて「evony and ivory」を中学生ぶりに聞いたりもした。

そのあと一度家に帰り、エコバッグを3つ持ってまた外に出た。冷蔵庫の中がほとんど空になっていたので、土曜の昼にお酒を飲んだ後の、最寄りでふたりで買い物である。歩いて5分ほどにスーパーがあるけれど、より安い、大きい、美味しいところが+5分のところにあるので、そこまで出向いた。
葉物だ肉だ魚だ牛乳だなどと言いながら買い込み、大きいエコバッグと中くらいのエコバッグ2つはあっという間にパンパンになった。

買い込んだ食材は、減る。当たり前だけれど、しっかりと雑食して生きていることを冷蔵庫で実感する。空っぽの冷蔵庫を眺めるのも、そこに食材を詰めるのも、楽しいというよりも、なんだか嬉しい感じがする。僕らがカラにしましたという報告と、僕らはこれからこれらを食らい尽くしますという宣誓を冷蔵庫にする。冷蔵庫は、そんなことより早く閉めろと言っていた。

こんなふうに土曜日を過ごすと、これこそが土曜日やろとふんぞりかえってしまう。これが日曜日だと、月曜日が常に頭の隅にあるので、同じ気分では過ごせない。むしろ土曜日しかそんな気分になれないのかと思っていると、誰かに「まだ東京で消耗してるの?」と言われそうだけれどね。

何人かからいただいたコーヒーの粉をいつまでたっても消費できなくて、「なかなか減らないなあ」なんて言いながらカフェラテにしたりカフェモカにするのも、悪くはないよ。