中小企業

社内の評価を上げるたった一つの方法

社会人の皆さんは、自分が今周りからどのような評価を受けているのか、客観的に見ることが出来ているでしょうか。自己評価と他己評価のギャップに苦しんでいる人も中にはいるのではないかと思います。

周りの評価次第では昇給や昇格に影響がある場合もあって、評価を上げることに躍起になっている方もいるのではないかと思います。

できれば周りの人からも一定の評価を得て、誇りを持って仕事をしたいものです。

かくいう私も、社会人になりたての頃は学生の気持ちを引きずり、「もっとおれはできるはずなのに…」と葛藤した日々がありました。「もっと周りから評価されたい」「もっと信頼されたい」という自己承認欲求が強く、それが空回りしてしまうことも。

しかし今は、たった一つだけ、自分で決めたルールを守り、人間関係に苦労することなく働くことが出来ています。周りから評価されているかは未知数ですが、前職よりは明らかに変わったことがあります。ちーちゃい会社なので、給料はなかなか上がりませんが…(;^ω^)

そこで今回は、人間関係に悩まず、且つ仕事もやりがいをもってすることが出来るようになる、たった一つのポイントをご紹介します!

社内の評価をあげるメリット

そもそも、社内の評価を上げるメリットとはどのようなものでしょうか。

①人事評価が上がる

なんといっても給料が上がる可能性がある。このような会社もあるかと思います。年功序列で昇給していくだけではなく、上長やその他の周りの評価が給料に反映される場合、社内の評価を上げるメリットは大きなものとなりますよね。

②仕事を任される可能性が高くなる

社内から一目置かれる存在になれば、いろいろな方面から仕事を任されることになります。特に、私のように中小企業の小さい会社に属していると、部署の隔たりなく仕事の依頼があります。

その中には、社内に大きな変化をもたらすやりがいのあるものから、1対1の個人間でしか解決しない、細かくて時間のかかるものも存在します。その依頼を受けたときは「めんどくさ…」と思いますが、それも「信頼されているからこそ」と思うことで、自己肯定をすることができますよ。

③人間関係がよくなる

評価を得られるということは、人間関係が良くなることと同義です。少し頼みづらいことを自分に依頼してきたときも快諾をすることで、とても感謝されることになります。

そのようにその人との良好な関係を持つことで、今度また依頼が来た時に「めんどくさい…」と思う前に「この人の依頼だからやりたい」と思えるようになります。

(1)仕事に関わる人が増える

周りからの評価を得て、良好な人間関係を築くことができれば、「この人はこのような分野に長けている」「この人はこういう時に相談するとすぐに対応してくれる」というように、それぞれの社員の特性がわかってきます。

そうなれば、自分に舞い込んできた仕事も少しずつ周りの力を借りて、より短時間に仕事を終えることができるようになります。

自分が仕事を抱え込む必要がなくなるのです。

(2)プライベートに好影響

「良好な人間関係を築くとどうなるか」ということを述べてしまっていますが、発端は「社内の評価が上がったら」ですので、続けます。(笑)

プライベートに好影響があります。なにも、休日に社員と出かけたりするようになる、と言いたいわけではありません。
会社の人から「ここがおいしい!」「ここがホット!」という情報が入ってくるようになります。良い本だったり、お店を紹介してもらえるようになります。プライベートが少し充実するようになります。

なんてことはないようにも聞こえますが、意外と自分の中の引き出しが増えていくような感じがします。

(3)働きやすくなる

何よりも、働きやすくなります。私は前職で働いている時、土曜の午後になると「もう日曜になっちゃう。日曜になれば月曜のことを考えてしまう。はあ。。」とため息をついていました。

しかし今は、日曜の午後になってもゆっくりとお酒を飲んでまったりいます。(笑)それもこれも、今の勤務先の環境が前職よりも良いからに他ならないのです。

社内の評価を上げる方法

では、どのようにしたら社内の評価が良くなるのでしょうか。私が大事にしているたった一つのポイントをご紹介します。

①頼まれたことを今やる

本当に簡単です。誰かから頼まれた仕事を最優先にして「今」やるのです。ただし、数日かけないと終わらない仕事(本来そんなものありませんが…)は除いてください。

とにかく優先して依頼された仕事を即座に正確に終わらせる。このことに集中。依頼主に「自分のために優先して仕事をしてくれている」と思ってもらうことが、車内の評価につながります。もちろん、早く終わらせるだけではなく、自分なりに完璧に仕上げるように心がけてください。

この積み重ねで、いつしか自分の裁量で仕事ができるようになってきます。

社内の評価が上がるのが不安?

しかしみなさんの中には、社内の評価が上がることで仕事が忙しくなるのではないかという不安を持っている方もいるかと思います。私も、同じような思いでした。

あくまで私の経験上ですが、忙しくなってもそれをさばけるだけの力は自然と身についているので、心配はいりません。

仕事は増えるか

当然、社内の評価が上がることで仕事の絶対量は増えます。しかし、評価をもらう前と後では、仕事を処理する能力も上がっているのです。

あるソフトを使いこなせるようになる。自分ひとりでは量が多すぎると思ったら、他の人にアドバイスを求めることが出来る。あるいは、処理をすべき部門を見極め、振り分ける。これらの能力をバランスよく使うことで、最短ルートで仕事を完成させることができるのです。

まとめ

頼まれごとは、多少なりストレスになります。それは、依頼を引き受けた時点で依頼主を「待たせている」状態になるからです。

後回しにすればするほど、「ああ、やらなきゃ…」と思う反面、手をつけるのに億劫になっていきます。それを防ぐためにも、依頼された仕事は納期に関係なくすぐに、手をつけ、完成させることが重要だと思います。

ひいては、それが社内の評価につながるのです。