化粧品検定

20代男性(美容ジャンル経験なし)の化粧品検定2級勉強記~1週目〜

20代男性が自身の肌荒れを治すために化粧品検定を受けます。

こんにちは!wakky(@wakky_chachacha)です。

その辺の中小企業で経理をしている20代男性がスキンケアに目覚め、化粧品検定1級を目指す記事です。

化粧品検定を受けるきっかけは、こちらに書きましたよ。

あわせて読みたい
20代男性が化粧品検定を受けます。
【専門性ゲット】20代男性、化粧品検定受けます。こんにちは!wakky(@wakky_chachacha)です。 😝【wakkyの決意表明】😝 コアアップデートとか知らん。結局...

さて、今回は第一週目です。

【すくない】1日45分程度の勉強量です

日中は仕事、朝はブログを書いているので、必然的に通勤時間が勉強時間です。しかし、ブログを書くのが遅い私は通勤時間もブログをを書きたいので、化粧品検定の勉強をするのは、「行きと帰りの電車の最初の乗り換えまで」と決めています。合計すると1日約45分。

しかも今週は、ブログの方針に関して私の中のリトルwakkyが「このままじゃダメじゃねえ?」としきりに言ってくるので、方針を変更すべきか二転三転、勉強時間を作る余裕が無い日もありました。

その関係で、今週は200分=3時間20分の勉強量です。
それでどこまで進んだかというと…

化粧品検定2,3級の目次

【3級出題範囲】
PART.1
まちがえがちな美容知識をチェック

【2級出題範囲】

PART.2
皮膚・肌について知ろう
1.皮膚の構造
2.皮膚のしくみと働き
3.皮膚の機能

PART.3
肌の手入れと正しい知識
1.肌タイプと見分け方
2.肌悩みの原因とお手入れ
3.メイクアップの基本テクニック←ここまで
4.肌悩みに応じた化粧品の使い方

PART.4
美肌・美ボディ生活を送るには
1.肌を劣化させるさまざまな要因
2.紫外線が肌に与える影響
3.効果的なマッサージの必要性と方法
4.美しい肌をつくる生活習慣

まあ、読んだところは完全に覚えているわけではないですが、まあまあ進んだかなという印象でした。

民間の資格なのでもっと楽に取れる方法は多分ある

化粧品検定について調べてみると、あくまで民間の資格なので、この資格を広く知ってもらうことがまず第一だという日本化粧品検定協会の心が透けて見えるような気がしますが…民間の資格はみんなそういう活動に東奔西走しているのでしょう。

真偽はともかく、1日の集中講座で資格取れちゃいます、とか書いている人がいたりね。

しかし、あくまで私の目的は資格を取ることではなく、スキンケア全般に関する知識を深めることなので、丁寧に勉強するほかありません。1級とるための勉強をしてもいいですが、何事も基礎基礎基礎、2級の知識もしっかりと入れておきたいのです。

ですので、2級,1級の資格が取れたあとも使ったテキストを復習するのが理想かな、と思います。

思い出す頻度が大事

勉強量が少ないと、進んでいく力も記憶する力も限られています。そこで重要なのは、「極小スキマ時間」だと思っています。秒単位のスキマ時間。例えば、カフェでコーヒーを頼んで待っている時間とか、電車の乗り換えで歩いている時間。ドライヤーで髪を乾かしてる時間とかね。

とにかく、思い出す頻度を上げないと定着しません。少ない時間で勉強したことをたくさん思い出すことを心がけています。そこで思い出せなかったことは、次に勉強するときの最初の5分で復習します。それでもピンとこなかったら、ノートに書いたり暗記カードを作ったりします。

メンズにとってはメイクアップのところが鬼門

化粧品検定なのである程度覚悟はしてましたが、、、メイクアップ。これ男性には鬼門ですぅ。聞いたことある名前とはいえ、その効果とか順番とか方法とか全部が初めてで新鮮。くそ〜ここで負けてたまるかあ!です。

今度化粧でもしてみようかな。化粧デビュー?

自問自答しながらの勉強はツライ

「おれこれでいいのか…?この検定とったあとは何をすべきだ??おいおれ!」ということを自問自答しながら勉強するのは、なかなかツライです。スキンケアとか美容系の会社に勤めているわけではないので、その業界とのつながりがそもそも希薄。

全て手探りなのでとっても不安ですが、、、これも含めて全てが勉強と捉えて、今後も悩みながら勉強しますよ!