化粧品検定

【2週目】20代男性(美容業界経験なし)の化粧品検定2級勉強記【意外といける】

化粧品検定2級を美容業界未経験の20代男性が受験します。
化粧品検定って難しいのかな…
働きながらのスキマ時間で合格できるかな?

こんな人のための記事です。

どうも、wakky(@wakky_chachacha)です。

私wakky20代男性が、自身の肌荒れにケジメをつけたい!と覚醒し、合格することが目的ではなく知識を得ることが目的で化粧品検定2級(順調にいけば1級)を目指す勉強記です。

いや、合格もしたいよ。

この記事を読むと、以下のことがわかります。

☑️通勤時間のみで勉強可能
☑️網羅的なので広く浅く知識がつく
☑️化粧品検定の問題集はいらない

化粧品検定勉強期2週目の進捗

1週目はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
20代男性が自身の肌荒れを治すために化粧品検定を受けます。
20代男性(美容ジャンル経験なし)の化粧品検定2級勉強記~1週目〜20代男性が挑戦する化粧品検定の勉強記1週目です。自分の肌荒れに真っ向に向き合っていこうという思いからこの検定を受けることにしました。いずれは、同じ悩みを抱えた男性のサポートもしていきたいと思っています。やるぞ。...

さて、2週目ですが、この化粧品検定の教科書の内容からテーマを抜き出してブログを書いていたりしたので、進捗は遅め。
行き帰りの電車の一部の時間で勉強しているので、45分/日です。×5日=225分。

目次でいうと、進捗はこんな感じ。

【3級出題範囲】
PART.1
まちがえがちな美容知識をチェック

【2級出題範囲】

PART.2
皮膚・肌について知ろう
1.皮膚の構造
2.皮膚のしくみと働き
3.皮膚の機能

PART.3
肌の手入れと正しい知識
1.肌タイプと見分け方
2.肌悩みの原因とお手入れ
3.メイクアップの基本テクニック←ここから
4.肌悩みに応じた化粧品の使い方

PART.4
美肌・美ボディ生活を送るには
1.肌を劣化させるさまざまな要因
2.紫外線が肌に与える影響
3.効果的なマッサージの必要性と方法
4.美しい肌をつくる生活習慣←ここまで

とりあえず一周した感じですね。5/26が試験日と考えると、悪くないと思います。

化粧品検定2級の難易度はそれほど高くない

一周した感じ、化粧品検定2級難易度自体はそんなに高くないかなあという印象です。というか暗記ですから、難しさもなにも覚えるだけ、という感じ。

ここには何があってどういう働きで、不足すると何が必要とかそんな感じ。初めて触れるジャンルなので覚える量はそれなりにあるかなーと思いますが、絵も沢山あるので文字の分量はそうでもないですね。

現行通り、行き帰りの電車の一部時間の勉強でいけるかも。

スキンケア、化粧品、肌の構造など広く浅くの知識が身につく

目次をご覧になっておわかりかと思いますが、化粧品検定は手広く扱っているので、それぞれの単元の知識は浅めです。一番深いなーと思ったのは、こちら。引用ではなく要約です。

メラニンは、紫外線で肌が刺激を受けたのをきっかけに、メラノサイト内のメラノソームという小さな袋のなかにあるチロシンが酵素チロシナーゼによって酸化され、生成される。

これも結局語句を並べているだけなんですけどね。

あとは名称や成分、スキンケアの順番などを覚える必要があります。

暗記シート対応なので化粧品検定問題集はいらない

民間資格ですので、やはり化粧品検定協会的には合格者を増やしたい。となると化粧品検定の専用教科書も親切に作っていかなければなりませんよね。

この化粧品検定教科書は、購入すると暗記用のシートが付属されており、暗記の必要がある箇所はそのシートで隠せるような文字色になっています。「検定POINT」と書かれているところもあり、親切。
いいの?ってくらい親切。(笑)

問題集も出していますが、公式サイトからしか販売していない上、フリマアプリやネットオークションにもほとんど流通していないので、買っている人があまりいないのかな…?と思い、買っていません。

教科書も述べたような親切さですし、ここは苦手!という意識が自分の中にしっかりあれば、そこを繰り返し読み込んで覚えれば良いのではないかと思います。

ということで問題集は要らないと思います。

どうせなら満点合格したいよねえ

化粧品検定2級、合格はもちろんしたいですが、あくまで目的は自分の肌をなおすこと、ニキビ撲滅ですので、正しい知識を得なけれはなりません。

ということは、なるほど。満点合格か。

試験日は5/26。まだ時間があるので、とにかくテキストをくまなく読み込みます。目標は、満点合格。

実務の方が覚えることが多いとは

この化粧品検定について調べてみると「実務の方が100倍覚えることある」という意見があります。ううむそうなのか。僕がこの化粧品検定の教科書で肌や化粧品について知ることが出来るのは、全体の1/100なのか。と、思っています。

仕事にしてる人はそらそうだよなと思いつつも、このテキストだけを頼りにしてはいけないとも思っているので、参考文献読み漁ろうかな〜と思っています。もちろん、目的をもって。

まとめ〜美容業界未経験が化粧品検定を実務に活かすとは〜

勉強開始から2週間経ちます。やはり勉強しながら思うのは、「美容業界を経験しているわけでもなく、正社員として雇われようともしていない身で、どのようにこの経験を活かせるか」ということ。

現在までのべ36万人の受験者がいた中で、どのようにして個性を出しつつやりたいことをやり、且つ誰かの抱えている悩みを解決できるか。答えは出ていませんが、とにかくアウトプットだけは怠らないようにと、勉強しながらコツコツとブログを上げ続けます!