化粧品検定

【3週目】20代男性(美容業界経験なし)の化粧品検定2級勉強記【テキスト2周目突入】

20代男性が挑戦する化粧品検定勉強期3週目です。

どうも、wakky(@wakky_chachacha)です。

化粧品検定2級って難しいのかな…
どうやって勉強するのかわからない…

 

そんな人のための記事です。
私は現在、1日45分電車の中だけで勉強しています。
試験日は5/26日。

この記事は、私wakky20代男性が、自身の肌荒れにケジメをつけたい!と覚醒し、化粧品検定2級(順調にいけば1級)を目指すものです。

今回は、以下がポイントです。

☑️テキストは1冊のみなので丸暗記可能
☑️暗記シートをフル活用する
☑️テキストを暗記する方法

 

化粧品検定2級の進捗(テキスト2周目突入)

勉強記1週目、2週目はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
20代男性が自身の肌荒れを治すために化粧品検定を受けます。
20代男性(美容ジャンル経験なし)の化粧品検定2級勉強記~1週目〜20代男性が挑戦する化粧品検定の勉強記1週目です。自分の肌荒れに真っ向に向き合っていこうという思いからこの検定を受けることにしました。いずれは、同じ悩みを抱えた男性のサポートもしていきたいと思っています。やるぞ。...

 

あわせて読みたい
化粧品検定2級を美容業界未経験の20代男性が受験します。
【2週目】20代男性(美容業界経験なし)の化粧品検定2級勉強記【意外といける】今美容業界で人気を博している化粧品検定。肌荒れに十数年悩む20代男性が、美容業界未経験ながら化粧品検定2級を受験する勉強期です。2019年中に1級取得、コスメコンシェルジュも視野に入れ、自身の経験を活かして同じ悩みを抱えている人の手助けをしたいと思っています。...

 

行き帰りの電車の一部の時間で勉強しているので、45分/日です。×5日=225分。たまにブログ関係のことをしていてできなかったりしています。しょうがない。

目次でいうと、化粧品検定2級の進捗はこんな感じ。

【3級出題範囲】
PART.1
まちがえがちな美容知識をチェック←ここから※2周目

【2級出題範囲】

PART.2
皮膚・肌について知ろう
1.皮膚の構造
2.皮膚のしくみと働き←ここまで
3.皮膚の機能

PART.3
肌の手入れと正しい知識
1.肌タイプと見分け方
2.肌悩みの原因とお手入れ
3.メイクアップの基本テクニック
4.肌悩みに応じた化粧品の使い方

PART.4
美肌・美ボディ生活を送るには
1.肌を劣化させるさまざまな要因
2.紫外線が肌に与える影響
3.効果的なマッサージの必要性と方法
4.美しい肌をつくる生活習慣

無事テキスト2周目突入しました。

化粧品検定協会が刊行するテキストですので、ポイントとなる箇所は暗記シートで隠せるような文字色になっています。もちろん暗記シートも付属。

テキスト1周目はまず全体像を捉えるために、暗記ではなく読んで理解することに重きを置きました。
そのため、2周目にしてはじめて暗記シートを使用開始。再度理解し直して、暗記暗記暗記です。

テキストは1冊のみですので、何周も読み込んでまるっと覚えることが可能だと思います。というかこの方法が、私が高校時代に成功した唯一の勉強法です。(笑)アンキパンのようにまるっと記憶。

そのためには何周も何周も同じ教科書を読む必要があります。ある程度覚えてくると、この語句はページのどのあたりに書かれていたかで記憶を呼び起こすことができるようになります。

果たして化粧品検定2級テキストは何周できるか!

 

…余談ですが、暗記シートって性格出ますよねえ。(笑)

ちゃんと頭の中で(または声に出して)解答してから答えを見るのが普通かと思いますが、魔が差してチラッと暗記シートをずらして見てしまったり、明かりでぼんやり見える文字を見ようとしたり。(笑)

自分の中の悪魔との闘いでもあります。

化粧品検定はマークシート式!

本番は50分、マークシート式ですから、正直書けるほどに暗記しなくても良いのです。

例えば、肌の表皮は表面から順に角層、顆粒層、有棘層、基底層から成りますが、正直この字面さえ見たことあれば、あとは選択肢が与えられているだけなので答えられると思います。

それにはやはり、暗記シートを活用した勉強法がベストかと思っています。

苦手分野・箇所をピックアップ

全く解答できなかったものは文字起こし予備軍に入ります。まだテキスト2周目ですが実際に書き起こしても良いですね。

ルーズリーフの左1/3あたりに縦線を引いて、左に語句、右に説明を暗記シートで隠せるペンで書く。1冊分書いたら、ひたすら暗記です。

この暗記法の欠点は、答えの順番を覚えてしまうこと。そうなってしまうまで覚えたら、さらにこの暗記リストの中から覚えづらいものをピックアップし、暗記カードに書き起こします。表裏に書く、アレです。学生の時に多用していました。

暗記カードを使えば、答えの順番は覚えません。シャッフルすればいいだけですから。

このようにして自分が覚えにくいと思う量を減らしていく。最終的にすべて暗記できるようになります。

この方法ができれば良いのですね。朝の時間帯の勉強だけでここまで到達するかというのが今回検証すべきことでもあります。

まとめ~あとは継続~

1日の生活の中に勉強を組み込むことができました。習慣も付いてきたように思います。あとは、ひたすら継続することです。

幸い、自分のなかに確立した暗記法が一つだけあるので、それをもとに今回も暗記していくだけです。作業自体は単純ですので、あとは化粧品検定の内容が文字通り肌に合うかどうか…。

お後がよろしいようで。