日々の美容あれこれ

自分の肌質、知ってる?10代から自分の肌質に合ったスキンケアをすべき。

10代のスキンケアはまず自分の肌質を知ることから始まります。
10代からスキンケアって必要かな…?
スキンケアを始めたいけど、何からすればいいのか分からない。

こう悩んでいるひと、いると思います。

僕は今20代中盤です。中学生の頃からニキビに悩み始め、そこから本当にたくさんの種類のスキンケア商品を試してきました。

実は今も、ニキビ肌に悩んでいます。元々の肌質もありますが、10代の頃からもっと正しいスキンケアをすれば良かったな、と少し後悔しています。そう、20代の肌は10代からのスキンケアの結果なのです。

そこで今回は、10代のうちからするべきスキンケアをご紹介します!

この記事を読むと、以下のことがわかります。

☑️自分の肌質を知ることができる
☑️肌質に合ったスキンケア商品がわかる

10代のスキンケアは、まず自分の肌質を知ることが大切

実は、スキンケアはとっても奥が深いものです。誰にでも効く魔法の化粧水というのは、存在しません。自分の肌に合ったスキンケア商品を見つけることが大事になってきます。

例えば、今から挙げる名前、皆さんも聞いたことがあると思います。

雪肌精
豆乳イソフラボン化粧水
プロアクティブ

なぜ有名なのだと思いますか?

有名なのは売れているからでしょうか。誰にでも効くからでしょうか。どちらもあるかもしれませんが、売れていなくてもたくさんCMをすれば有名にはなりますよね。

つまり何が言いたいのかと言うと、有名だから買うというのは、正しくないのです。

だるまくん
だるまくん
じゃあ、どうすれば…?

自分の肌質を知り、それに合ったスキンケア商品を正しく使うことが、キレイな肌への第一歩です。

あなたはどのタイプ?人間の肌質は4つに分けられる

では、自分はどのような肌質なのでしょうか。ここで自分の肌質を知りましょう。

肌質①乾燥肌

1つ目は乾燥肌です。乾燥肌の人は、特に冬にエラのあたり(フェイスライン)が乾燥し、ポロポロと白く粉を吹いてしまうこともあります。これは、肌の水分量が少ないことが原因です。

肌の水分量が少なくなると、肌が突っ張る感覚があります。突っ張りやすいタイミングは、入浴後や洗顔後。入浴したあとは特に乾燥が進み、30分で入浴前よりも肌は乾燥している状態になってしまいます。

また、夏より冬の方が乾燥しやすいのはなんとなくわかると思いますが、乾燥肌の人は季節に関係なく乾燥します。日中に顔のつっぱりを感じる人は、乾燥肌です。

肌質②オイリー肌

2つ目はオイリー肌です。日中に顔がテカったりベタベタする感じがあればオイリー肌で、実は10代に多め。ホルモンがたくさん出る年代だからです。

wakky
wakky
特におでこや鼻が脂っぽくなるよ。

オイリー肌のひとは、おでこや鼻以外にも、頬、目の下などもテカリがでてきます。実は乾燥肌が原因でオイリーになることもあります。



肌質③混合肌

3つ目は混合肌です。乾燥肌とオイリー肌の両方を持つ人のことをいいます。人の肌はおでこや鼻に脂分が多く、フェイスラインは乾燥しやすいという特徴があり、実はこれはみんな共通。

だるまくん
だるまくん
じゃあ、みんな混合肌…?

と言うこともできますね。一般的に混合肌とは、「脂分が多いところと乾燥が進んでいるところがあること」と言われていますが、それでは肌質を4分割できません。僕の意見としては、「乾燥しやすい場所もオイリーになること」という意味が入ってもいいと思っています。

肌は、乾燥して水分量が少なくなると代わりに皮脂を出して肌の潤いを保とうとします。乾燥肌の人はこれがあまり現れず、冬は特に乾燥しっぱなしという状態。

一方混合肌の人は乾燥に負けじと皮脂を出し、オイリー肌へと変化させます。これが混合肌です。

肌質④普通肌

最後は普通肌です。文字通り、普通の肌。水分量と脂分のバランスが整っている理想的な状態。バランスが整っているので、肌荒れや乾燥・オイリーなどとはあまり縁がありません。うらやましさを通り越して憎い。

睡眠不足や食生活の乱れによって肌が荒れてしまってもそれは一時的で、肌本来の力によってすぐに通常の状態に戻ります。ああうらやましい。

書いていて嫉妬しそうなのでこの辺にしておきましょう。

wakky
wakky
普通がいちばん。

10代から肌質にあったスキンケアをしよう

さて。ご自分がどのタイプになのか何となくわかったでしょうか。10代の男性はオイリー肌の人が多いと思います。

自分の肌質を知ることができたら、その肌質に合ったスキンケアをすることが重要です。
なぜなら、スキンケア商品の種類は本当に沢山あり、肌質に合わないものを使用するとかえって逆効果になってしまうかもしれないからです。

例えば、オイリー肌の人が保湿をするために油分の多く入っている商品を使うと、さらに水分と油分のバランスが崩れてしまうのです。

それでは、それぞれの肌質にあったスキンケアの種類や商品をご紹介します!!



乾燥肌にあったスキンケア

肌の水分量が少ない状態ですので、化粧水で肌の水分補給をしたあとはしっかりと保湿をしてくれるものを使いましょう。タイプとしてはジェルのものよりも、乳液やクリームがオススメ。特にクリームはエモリエント効果により、乳液より保湿力が高くなっています。

参考:日本化粧品技術者会「エモリエント効果」

ひとくちにクリームと言ってもかなり種類があってどれがいいかわからない…

たしかにそうですね。薬局に行けばたくさんの商品が置いてあって、何がいいのか分からないですよね。
そこで、10年以上肌荒れに悩んできた僕が、いくつかオススメします。

クリームの王道、ニベアクリーム

10代はスキンケアにかけるお金もそこまで高くないとおもいます。保湿をしっかりしてくれるという点のみで考えて、なるべく安いものを…と考えると、やはり王道のニベアクリームに落ち着きますよね。

クリームとしては無難ですが、基本的なものが入っていますので保湿効果はアリ。
少し伸びがわるいので、あまり強く塗らないように気をつけてください。肌への刺激はNGです。

FUJIFILMのルナメアシリーズ

そして次にオススメするのが、FUJIFILMのルナメアシリーズです。

10代のひとたちは、FIJIFILMが化粧品を出しているのは知っているかもしれませんが、ルナメアシリーズを知っている人は少ないと思います。

created by Rinker
¥2,220
(2019/11/18 12:49:35時点 楽天市場調べ-詳細)

ニキビ用として作られたFUJIFILMのルナメアですが、個人的には乾燥肌な人こそ、このルナメアを使って欲しいと思っています。

理由は、乾燥肌の人は刺激に弱く、更なる肌トラブルを抱えてしまう可能性があるからです。

ルナメアはニキビ肌用に優しく作られているもので、ニキビを強い成分で治すことはしていません。
保湿を中心に考えた商品ですので、乾燥肌の人にもぜひ使って欲しいと思っています。

ちなみにトライアルセットもありますよ!



ラロッシュポゼのエファクラH

そして3つ目は、ラロッシュポセのエファクラHというクリームです。LOFTやPLAZAによく行く人は見たことがあるかもしれませんね。

created by Rinker
¥3,300
(2019/11/18 14:04:55時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらも敏感肌の人を考えた製品になっていて、クリームで伸びがよく、長時間保湿してくれるのにベタベタしません。

夜の洗顔後はもちろん、朝の外出前でも問題ありません。

僕は乾燥肌でオイリー肌ですが、特に乾燥する冬はラロッシュポゼのエファクラHで乾燥とは無縁になりました。

wakky
wakky
何度もリピートしてるよ。



オイリー肌にあったスキンケア

一方オイリー肌の人ですが、脂分が多い状態ですので、化粧水も保湿もさっぱりしたものが良いと思います。

ここ10年で急激に人気を得た、ハトムギ化粧水

やはり値段を抑え、しかも優れた機能を持つ商品です。

とにかく使いやすく、安いので大量に使えるのが特徴です。口コミをみると皆さんバシャバシャと使っているようで…笑

wakky
wakky
ぼくもバシャバシャ使ってました。

「安すぎて肌に良くないものも入っているのでは…?」と思いがちですが、そんなことはありません。化粧水を作るための基礎となる「水」が多いのだと思います。

とはいえ保湿成分もしっかりと含まれていて、化粧水としての機能はしっかりと備わっていますよ。

オイリー肌にもルナメアの化粧水

乾燥肌の人にルナメアのクリームを紹介しましたが、オイリー肌の人にはルナメアの化粧水をオススメします。

ルナメアシリーズは4,5年愛用していたので、効果は確か。ノーマルタイプとしっとりタイプがありますが、オイリー肌の人はノーマルタイプでOK。

効果はバツグン。肌のキメを整え、正常な肌へと導いてくれます。



オイリー肌はジェルタイプの保湿か乳液を

オイリー肌の人は、日中のテカリも気になるところですよね。朝もいつもどおり洗顔はしなければなりませんが、洗顔後のスキンケアで油性成分が多く入ったクリームなどを使ってしまうと、日中はテカリが気になってしまいます。

そこで大切なのが、「油性成分が少ないが保湿はしっかりしてくれるスキンケア商品」を使うこと。

洗顔後、化粧水→乳液・クリームの順にスキンケアをすると思いますが、乳液やクリーム(特にクリーム)は油性成分が入っています。

wakky
wakky
軽めの乳液は油性成分が少ないのでアリ。

しかし、かなりオイリー肌な人はそれすらも避けたいところ。

そこでオススメなのが、ジェルタイプの保湿。ジェルタイプは水を基本にして作られているので、ベタつきやテカリを抑えることができます。

またまた出てきてしまいましたが、ハトムギのジェルタイプのものがオススメです。べたつきもテカリも抑えてくれますし、夜の洗顔後もバッチリ保湿してくれます。これでさっぱりとした仕上がりになりますよ。

10代からの正しいスキンケアでいつまでもみずみずしい肌を!

10代のうちに正しいスキンケアの知識を身につけておくと、これから20代、30代になっても、自分の肌質に合わせてスキンケア商品を使うことができるようになります。

それは、肌に余計な負担をかけずにずっと健康な肌でいられるということです。

もし肌荒れや乾燥・オイリーに悩んでいる10代の方がいたら、まだ再生能力の高い若い肌のうちに、しっかりとケアをしておくことが重要だと思います。

なかなかお金はかけられないと思いますので、なるべく安く済ませるのは悪いことではありません。ですが、自分に合ったスキンケア商品を見つけることはできます。

健康な肌をキープできるように、今のうちから正しいスキンケアをしましょう!