小物

【同業者レビュー】WELEDA(ヴェレダ)ホワイトバーチオイルの効果は?セルライトには効果なし?口コミもご紹介!

どうも、日中はオーガニックスキンケアの会社で働いているtaki(@wakky_chachacha)です。週末は妻とコスメキッチンに出没しています。

妻が長年愛用しているWELEDA(ヴェレダ)のホワイトバーチオイル。セルライトや妊娠線に効果があるとされていて、商品名も以前は「セルライトオイル」でした。しかし薬機法(旧薬事法)の関係からか、パッケージ変更で「ホワイトバーチオイル」に表記名も変わっています。

WELEDA(ヴェレダ)ホワイトバーチオイル正面旧パッケージです。

実際、妻も私も使ってみた感想ですが、セルライトを燃焼させてくれる効果はありませんでした。しかし、肌の保湿には効果抜群。ざらつきがあった肌も使うたびにツルツルになっていきました。太ももや二の腕、お尻のざらつきが気になる方には効果を実感しやすそうです。
さらに、ホワイトバーチオイルを使いながら体をマッサージしていくと、凝りがほぐれ、体が温まり、軽くなります。香りも森の中のログハウスにいるかのようで、とてもリラックスすることができました。

taki
taki
今年100周年を迎えるオーガニックスキンケアの元祖WELEDA(ヴェレダ)の底力を見せつけられた気がします。

本記事では、同業者としてとても崇拝しているWELEDA(ヴェレダ)のホワイトバーチオイルのレビューをします。

WELEDA(ヴェレダ)とは

2021年で100周年を迎えるWELEDA(ヴェレダ)。ヨーロッパを中心に愛され続けており、今なおオーガニックコスメのパイオニアとして常に業界をリードしています。

ヴェレダの考えるオーガニックコスメとは

心と身体、そのバランスを支えるエネルギー。その3つのバランスが、健康的な美しさをもたらすとヴェレダは考えます。 トラブルをしのぐための表層的なケアではなく、栽培方法から引き出された植物のちからで、その均衡を整えていくこと。 ヴェレダは、ひとの本来備えている、ゆるぎない肌の強さしなやかさ、本質的な美しさを育むオーガニックコスメです。

WELEDA 公式HP「ヴェレダの品質基準」より引用

原料となる植物は、バイオダイナミック有機栽培農法。企業として利益を追求しながらも、地球のことを考えた製法で、サステイナブルな取組も行っています。

1921年創業ですが、WELEDA(ヴェレダ)の代表的な商品「スキンフード」は、1926年に発売された商品です!!

created by Rinker
ヴェレダ(WELEDA)
¥2,640
(2021/06/14 12:08:26時点 Amazon調べ-詳細)

WELEDA(ヴェレダ)ホワイトバーチオイルの概要

WELEDA(ヴェレダ)ホワイトバーチオイルは、美容と健康をサポートしてくれる、白樺を使ったオーガニックマッサージオイルです。

パッケージは一目でWELEDA(ヴェレダ)とわかる緑基調のガラスボトル。かわいいですよね。この外観を見ただけで「なんか良さそう!使ってみたい!」と思ってしまいます。

WELEDA(ヴェレダ)ホワイトバーチオイル正面
滑らないように側面はでこぼこ。

ホワイトバーチオイルに含まれるヨーロッパシラカバ葉エキスやナギイカダ根エキスには肌の収れん作用(肌を引き締める効果)があるため、マッサージをしながら使っていくと、太ももや二の腕のざらつきのケアをしたい方に効果を実感してもらいやすいようです。

WELEDA(ヴェレダ)ホワイトバーチオイルのレビュー

それでは、WELEDA(ヴェレダ)ホワイトバーチオイルの特徴を紹介します。

ホワイトバーチオイルの特徴

1.高い保湿力
2.サラサラでベタつきのないオイル
3.森の中にいるような香り

1.高い保湿力

WELEDA(ヴェレダ)ホワイトバーチオイルの特徴は、なんと言ってもその高い保湿力。アンズ核油とホホバ種子油、コムギ胚芽油のエモリエント効果により、肌の保湿力を長時間キープしてくれます。
肌の保湿力が高い状態をキープできるということは、肌のサイクルが良い状態になるということです。

肌の保湿力が高い
→肌の機能が正常になる
→ターンオーバーをしっかりしてくれる
→みずみずしいすべすべ肌が持続

お風呂上がりに使用することで、朝までしっとり感が持続し、翌日から効果を実感することができますよ。

2.サラサラでベタつきのないオイル

WELEDA(ヴェレダ)のざくろオイルの商品も愛用していますが、WELEDAのボディオイルの特徴として、べたつきがかなり少ない感じがします。

他のブランドのボディオイルは、もったりしていたり、サラサラなのにベタつきが残ったり、キシキシ感があったりしますが、WELEDAはそれがかなり少ないと思います。正直、朝も夜も気兼ねなく使えるこのボディオイルは、一度使ってしまったらトリコになると思いますよ。。

3.森の中にいるかのような香り

ホワイトバーチとは、白樺(シラカバ)のこと。日本人はヒノキの香りとかはなじみがあって想像しやすいかもしれませんが、白樺も古くから家財や家屋の内装に用いられたりと、実は身近なところで使われているなじみ深いものです。

公式サイトより画像引用

スキンケアとしても白樺の樹液が使われているものがあって、国産のオーガニックスキンケアを取り扱うamritara(アムリターラ)のホワイトバーチモイストウォーターは、僕も妻も特に冬場に愛用しています!

WELEDA(ヴェレダ)のホワイトバーチオイルは、まるで森の中にいるかのような自然豊かな香りとと、グレープフルーツのみずみずしい香りがマッチしていて、オイルを使わなくともキャップを開けて少し香りを嗅ぐだけで本当に癒されます…笑

つま
つま
アロマオイルとして使いたいくらい…笑

WELEDA(ヴェレダ)ホワイトバーチオイルの評価・口コミ

WELEDA(ヴェレダ)のホワイトバーチオイルは、ネットでも色々なところで取り扱いがありますね。サイトごとの評価はどうなっているのでしょうか。

公式サイト アットコスメ ベルコスメ
評価 5.0/5 4.1/7 4.6/5
評価数 27件 4,013件 2,172件

各サイトでの評価の高さもそうですが、レビュー件数も多いのが特徴的ですね…!!

口コミも多く、WELEDA(ヴェレダ)がいかに多くの人に愛用されているかがわかりますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michiko(@michiko.jp)がシェアした投稿

※WELEDA(ヴェレダ)ホワイトバーチオイルの偽物に注意!?

調べていて気が付いたのですが…WELEDA(ヴェレダ)は海外を中心に展開しているので、パッケージの表記が様々。「もしかして偽物!?」と思われている方もいるそうです。

taki
taki
パッケージリニューアルとかは同業者としてはあるあるです!

しかし、たくさんのネットショップがWELEDAの商品を販売しているので、どこから選べばよいか分からない場合は、出回っている旧品などを購入してしまわないためにも正規ルートで仕入れをしている公式サイトからの購入をオススメします。

公式サイトから購入する

WELEDA(ヴェレダ)ホワイトバーチオイルのまとめ

WELEDA(ヴェレダ)ホワイトバーチオイルは、その保湿力の高さや収れん作用から、太ももや二の腕、ざらつきが気になる部分にぴったりです。

さらに、白樺とグレープフルーツの香りにとても癒され、朝晩使ってリラックスすることもできます。

一度使ったら手放せないので、ぜひお試しください!

taki(@wakky_chachacha)でした。